FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木倉さんがスト4に興味を持ったようです 

( `ω´)y-~
まださわりの部分しか遊んで無いけどね。NET対戦の合間にCPU戦をちょこちょこと。
ブロッキング無いのが残念だけどセービングが色々遊べそうとは市原さんの談。

勢い余ってカードまで買っちゃったぜw
丁度良い対戦相手がいるといいんだけどねぇ…アゼクーラの常連さんたち強すぎるから><;

フリスタがバージョンアップしてた 

( `ω´)y-~
気がついたら随分大きくバージョンアップして、一人プレイも充実してました。
でも一緒に遊ぶ相手いないんだよなぁ…。MoEのほうが今は楽しいし。

音ゲーの方は最近めっきり…。なんだかモチベーションを維持できない状態が続いています。
薬のせいで集中力を完全に削がれてる感じです。
年末までには治したいところだけど、それも難しそう。

誰か遊んでください。

アラド戦記 

( `ω´)y-~
なんとなくインスコしてみたアラド戦記。ハンゲームですね。
これがなんとかなり面白い。

簡単に言うとファイナルファイトっぽいアクションRPG。
剣士、メイジ、ガンナー、格闘家からキャラを選び、クエストを受けながらダンジョンでぶん殴りまくる。基本はこれ。

なんつーか、90年代スーファミみたいな匂いが溜まりませんw
ただ、基本部分はかなりしっかりと出来ていますね。

特に面白いと思った部分。

・キャラクターの育成

 まぁレベルゲーなんですけどね。経験値貯めるとスキルポイントが
 もらえるので、こいつで技を買っていくわけです。
 んで、ただ技を使うだけならその辺のゲームと一緒。

 このゲームはアクションゲーム故に、コンボが発生する訳です。
 その性能を上げる為にスキルを上げるか、更なる分岐の為に手数を増やすか?
 こういう考えが生まれる訳です。これがなかなか面白い。


・ダンジョンでの評価点

 ただクリアするだけでなく、敵の倒し方によってポイントが加算されます。
 しかもリアルタイムでゲーム画面に現在の評価出るのです。

 5コンボ以上叩き込む「スタイリッシュ」
 敵の後方からの攻撃やオーバーキルダメージ、PTプレイ時のリンチw
等の「テクニック」
 そして被ダメージ。

 これらの総合からF-SSSまでランクが発生します。
 んで、このランクで経験値にボーナスが入ったり、裏ダンジョンへの道が開けたりします。

 裏ダンジョンはPT必須のバランスらしく、敵の数とLvが一気に上がるのでかなり大変。


・独特なデスペナルティとシステム

 ダンジョンで全滅すると「挫折」状態になります。
 ダンジョンクリアであればHPMP全快なのですが、失敗すると10%に。
 しかも能力値が一気に下がります。

 但し、これはリアルタイム10分間だけ。
 これはNPCにお金払うことで即時復帰可能。また対人ならこのペナルティ無く参加可能であり、別キャラにCCすれば問題も無し。

 また、キャラには「疲労度」が存在し、ダンジョン侵入や部屋の移動で疲労度を消耗。ゼロになるとその日はそれ以上探索出来なくなる。
 これは次の日の朝になれば回復。廃人プレイ阻止ですかねw


・課金システム

 キャラクターは最初に5枚の「コンティニューコイン」をもらえます。
 これはダンジョンで死んだ時に即時復活できる素敵アイテム。
 ちなみにPT面子にも使えます。なんと凄い。

 んで、使い切ってしまうと次の日の朝に、持っていない時に限り1枚だけ支給。

 これで足りない…と思ったら課金するわけですw
 1枚30円。10枚からスタート。300円。悪くないんじゃない?


 基本だと同じ職業はみんな同じ格好。武器だけ変わるかな。
 これが気に入らないならガチャを回せw 1回300円。
 部位ごとのガチャがあり、見た目と能力ランダムのアイテムがひとつ
 出てきます。うーむ射幸心を煽るシステムだw
 またこの見た目装備を付けている場合、経験値にボーナスも入ります。

 後はアイテム銀行の拡張にお金がかかるのかな?最大拡張で1500円。
 でもまぁずーっと続くそうで。3段階あるようです。
 クエストを受けるとなると1段階は拡張しないとちょっと不便。
 ただ無料垢と2PCを駆使すればなんとか無料でもやれる。面倒だけど。

 後は露店開く権利(一ヶ月)と一部のポーション系アイテムが課金。


( `ω´)y-~
こんな感じ。アーケードのD&Dが好きな人にはかなりたまらないゲームなんじゃないかな。
普通に遊ぶだけならお金もかからないし、かなり良心的。


まぁ良い事尽くめっぽいですが。一応欠点も。

・ハンゲームである(笑)

 基本無料で遊べ、人が多いことによる弊害ですねw
 野良PTは絶望的w 
 試しに組んでみた時の出来事。

 俺 メイジ
 A  格闘家
 B  剣士

 挨拶するも二人とも無反応でいきなりダンジョン侵入。

 ダンジョン最深部まではさくさく進めたのですが、二人ともかなり
 好き勝手に突進。
 ボスエリアでAが突然リンクデッド。戦力激減。うんこー。
 んでこちらが耐えているとBが死亡。そこで始めて一言。

 「コイン俺に使って」

 (`ω´)y-~  …



 ( `ω´)y-~
 当然全滅を選びましたw


( `ω´)y-~
後は中華とかもいるらしいですが、ダンジョン内部はMOスタイルなのであんまり関係ないかな。対人とかでのチートとかはちょっと困るかもw
この辺もまぁハンゲームですのでw




( `ω´)y-~
ただ全体的にはかなり良ゲーだと思います。
割と1ダンジョンはクリアだけならさっくりと進みますしね。
ソロでも遊べるしなー!w

ヴァルハラ 

( `ω´)y-~
今日は久しぶりにNET対戦やった訳ですよ。
もー数週間やってないからボタンの位置さえわからねえとかねw
まぁ天空部屋で勝ったり負けたり。良い勝負もアレな勝負も。

でも、解った事が一つ。

音ゲーの対戦ってのは、システムの根源の問題上、「詰み」な組み合わせが存在しうるって事なんです。
特に三つ巴戦が基本な訳ですから。んで、この詰んだ勝負ってのは正直つまらない。俺の勝ちが確定した詰みであってもね。

高難度プレイヤーが一人なら、第三者の選曲次第でイーブンに持ち込める可能性もある。しかし、二人が高難度なら、この時点で全力を出して二位が精一杯。んで、この勝負に対して本気で真剣に挑む価値があるかどうか?

中の人の事を考えない、システム的な話をすれば、否なんです。
ここで無理に二位を狙ったところで、貯金が溜まり、より「詰んだ」試合が増える可能性(即ち昇格)が発生する訳です。

全力を出して勝てるかどうか解らない…三人が三人とも…
こう言う勝負だからこそ全力を出して面白い。全員が一位を狙う為に考えまくるから面白い。

戦う事が面白いのか?勝つことが面白いのか?
俺は前者です。んで、駆け引きの要素を大きく否定するガチがあまり好きでないのは、これも理由なのです。
勿論、選曲等によるメンタル的な攻防もあるので、一概には言えませんがねw

んで、今日はそう言う「駆け引きのある、勝てるか解らないが可能性のある」試合が多かったのでとても満足でした。
これが無いと…流石になぁ…。

つか、暫く離れていたのはこれが理由ねw 後はMoEですがw
高難度強要の一方的な殺戮されるぐらいなら、まったりとチャレンジモードで素敵な曲を遊びますがなw

( `ω´)y-~
んで。そのMoEですが。
今自分はE鯖のWarageデビューし、死んだり殺したりで楽しんでますw
これの何が面白いか、と言うと。

・自分の育てたキャラが、ほぼ同条件のキャラ達と戦いあう。
・スキル構成による相性の他、キーカスタマイズやテクニック、判断力など、非常に複雑な要素が絡み合う戦い。
・地形や人数等による戦術、戦略の移り変わり。

今は亡きJUNKMETALを髣髴とさせる泥臭い世界なんですよ。
だけども、P鯖と違い、E鯖の戦争はとても楽しい。

何故か?

彼らは勝つ事が目的でなく、戦う事が目的だから。
故にミリタリーバランスが崩れた場合、亡命に関しては非常に寛容。

#MoEの戦争は、基本的に二つの軍のどちらかにつきます。
#どちらにもつかない中立も選べますが、基本的に修羅の道ですw

こう言う意思の人が多いから、戦闘力の無い生産職への攻撃は非常に少ない。した場合、軍属から総スカンを食らいますw

んで、軍属した場合のデスペナルティは意外と少ないんです。
基本的にはアイテムドロップで、スキル減少は無し。
階級が上がれば上がるほど…そして敵地だと流石に深刻ですが。
新兵が自軍領地で死んでも、ほぼノーペナルティなんです。

だから予想以上に気楽に戦える。自分の技量が少なければ仲間とともに動けばいい。ここでも協力と言うのが非常に強い要素となります。

一方的な殺戮(通称轢き殺し)等もたまーにありますが、これは少人数で動くから…って言うこちらの落ち度もあるわけですしねw


何でも出来るからこそ、まず何でも試せる。
こりゃあ面白いですよw だからこそ、例えるならヴァルハラなんです。

#ヴァルハラ
#北欧神話の神オーディンの神殿。
#戦場でヴァルキリーに連れて来られた戦士達が永遠の命を持って
#戦争を遊戯の様に楽しむ場所。


( `ω´)y-~
MoEの絵は色々某所で描いてますw

まぁ暫く引きこもっていた理由。 

( `ω´)y-~
んーと。残業が忙しいのもあるんですが。
「MasterofEpic」と言うMMORPGにマジでハマってしまったのです。

今までの多くのMMORPGの不満点と言えば。

・単純なクリックだけの戦闘。しかも時間を激しく拘束する為、単なる作業になる。
・選択の自由が存在しない装備。とりあえず高い装備を買っていくだけ。
・インフレした経済。モチベーション以前の問題。
・厨房プレイヤーによる世界の崩壊。

なので、基本的にはハンゲ麻雀などでお茶を濁していた訳です。

(`ω´)y-~
んで、このゲームは、色んな意味で「俺が求めていたゲーム」なんです。

・MMORPGでありながら、戦闘にアクション性が取り入れられている。
・また、プレイヤースキル次第で格上の敵にもある程度勝つ事が出来る。
・しかし、言い換えれば気を抜けば格下の相手にもあっさり負けて殺される。

まずこの戦闘が非常に楽しい。作業じゃないんですよ。
多少語弊を承知で言いますが、MAngbandに少々近い。地形を活かし、自分の有利な
環境を使い、あらかじめショートカットで作成しておいた自分独自のマクロでタイ
ミング良く相手の攻撃を受け流し、切りつけていく。

よーするに「ファンタジーチャンバラ」なのです。

・初期設定の操作がとっつきにくい。
・しかし、画面設定、操作設定を自分好みにカスタマイズする事で自由自在に動け
 るようになる。

これはまぁ好き好きでしょう。俺は好き。
FPS風の操作にして、機敏な動作も出来ますし、生産メインの人はマウスメインでも
良い訳です。

・緊張感のあるフィールド、そして優しい、心地良い距離感。

まずチュートリアルで一番面白いのが、「熟練者達とともに迷宮を突破する」ダンジョンです。

なんと、ここで初心者のガイドをするのは、同じプレイヤーなのです!
しかし、彼らにはボスを倒す事が出来ません!
ボスは初心者に渡され、受け渡す事の出来ないアイテムでしか打破できない。

熟練者達は、何も知らない…先ほど操作を練習したばかりの初心者を導き、護りながら
最深部を目指す。
初心者達は、導きを受け、死なないように最深部に向かい、ボスにアイテムを駆使する。

・Lv制でなく、全ての行動がスキルになる!

ぶっちゃけウルティマオンラインのアレです。
しかし、上記のミッションと組み合わせる事で、非常に独特な世界を構築するのです。

他のRPGだと「横殴り」等でけっこーもめます。
しかしこのゲームは、町外れのすぐに、かなりの強敵も普通に存在する為、気がついたら共闘している事なんてザラです。

また、辻ヒールや辻Buff(能力上昇スキル)等も、「使う事で」技量が上がる為、自己満足で終わらないのです!

他のゲームではちょっと見かけないのが「死体回収」や「落下耐性」、「水泳」などですねw

死ねば死ぬほど死体回収スキルが上がり、復活までの時間が短縮されますw
落下耐性はネタスキルに見せかけながら、地形のおかげで場合によっては強力なショートカットになり得ます。

水泳も、極める事で水中で自由自在に動けるようになります。

・好みによって、更に向かうべき世界が存在する。

最初にたどり着く世界の他にも、色々な世界に旅立てます。

アクション制を活かしたPvPフィールドである戦乱期。
ランダムダンジョンを突破し、トレジャーハンティングする未来期。
そして、数百人(!)でラスボスに立ち向かう混乱期。

これらは、ある程度強くなってから向かうべき世界ですが、このゲームは成長がかなり早く、カンストは早いので、カンストしてからが本番なのです!

・基本料金が無料である!!

UOも良いゲームでしたが、月額課金がやはり地道に大きいのです。
こちらは無料で、アイテム課金なのですが、いわゆる「劇的に強くなる」アイテムは
存在しません。ちょっとだけ便利になる消費アイテムって感じです。

http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1147328250/453-

ここから俺のプレイ日記になってますw
興味持った方は呼んでみると雰囲気がつかめるかもです。

( `ω´)y-~
但し、俺は逢えてこのゲームを他人には薦めません!
理由としては、あまりにも自由なので、与えられたレールの上を歩く人にはあまりにも辛いゲームだからです。

例えるなら、ゆったりと。自分のペースで旅をするゲーム。
一期一会の出会いと、絶望と希望に満ちた世界を楽しむ為に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。