FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありあんろっどやるぞお前ら!w 

( `ω´)y-~ 風邪引いた。

(`ω´)y-~
某「一番」で地雷踏みまくってションボリですよw
しかし、その問題を危惧している人達もいて少々安心。

なのでこのサイトで突撃…じゃなくて面子集めてIRCオンセがええのかな、と。ただ、やるからには何回かやりたいので。出来れば長期。

( `ω´)y-~
こちらの望むプレイヤー像としては。

・GMが出来る、やる意思がある人
 持ち回りでセッションすれば不公平はない訳ですし。
 確かにGMは難しいですが、気心の知れた面子ならサポートも出来るでしょうし。

・世界観を共有できる人
 これはプレイヤー同士のすり合わせにも依存しますね。
 流石に七人の侍とスレイヤーズ!では雰囲気違いすぎますしね!w
 個人的にはちょっと泥臭いぐらいが丁度良いのですがが。

・最低限のルールを覚えてくれる人w
 基本ルールブックは文庫版ですし。>アリアンロッド
 IRC前提だと「隣で教えてあげる」事が出来ない為、やはりある程度プレイヤー依存はありますから。

( `ω´)y-~
5Lvぐらいからスタートしたいのは本音w
某一番で作ったキャラ絵でも貼っておく。
051015.jpg

キャラだけは増えていくプレイw 

( `ω´)y-~
アリアンロッドのキャラネタだけは浮かび、落書きだけ増える毎日。

さむらい

しーふ


( `ω´)y-~
誰かGMやってくださいよマジでw

どれっどだんじょん 

(`ω´)y-~
久しぶりに町田でお買い物。
TRPGシステム「アリアンロッド」の追加シナリオ集「ドレッドダンジョン」を購入。

とは言え、オフラインではTRPGする面子がいないのが悩みの種なのです。
アリアンロッドは初心者向けを銘打っていますが、非常に洗練されたシステムでして、「協力すること」が最強に通じるゲームバランスがすげぇと思うわけです。
基本ルールを見ても、戦士の<カバーリング>(仲間のダメージを肩代わりする技)や僧侶の<プロテクション>(ダメージ軽減)等、誰かに使う事を前提としたスキルが極めて安価で、しかも強いのです。

んで、コレを読みながらMMORPGの現状を調べる為に「電撃オンライン」なる雑誌を購入。さっきまで読んでたのですが。

( `ω´)y-~
最近のMMORPGのキャラデザインは素直にすげぇなぁ、と。
自分自身、MMORPGはちょっとやってはすぐに飽きると言うアレでナニな性格なのですが、外から見る分には未だに好きなのです。

キャラクターの個性を主張し、思わず操りたくなるようなデザインは格闘ゲームに通じるものがあります。
そして、自分以外のキャラは自分の意思を持ち動く…変な話出会い系ですよ!w

自分も動かせ、勝手に動く。
この二つのルールに於いて最も魅力的に写る様、デザインするって、すげぇ事なんだと思います。

(`ω´)y-~
んで。TRPGの方に話は戻りますが。
インターネットの普及により、実際に出会う事無くゲームが出来る…オンラインセッションもだいぶ普及してきました。
「アリアンロッド」はこのオンラインセッションにも非常に向いているシステムだと思います。
ルールが軽く、「出来る事出来ないこと」がスキルというルールでスイッチされている。限られた選択肢の中での最適解。

今まではTRPGは「何でも出来る」を売り文句にしてました。
しかしそれ故に、コンピューターRPGに慣れた人達は、それこそ当惑し、何も出来なくなってしまうのです。最適解が見えないから?

( `ω´)y-~
閑話休題。
オンラインセッションは様々な人がやってきます。
俺みたいなDQNの他にも、いわゆるアニメ好きな人、ミリタリー好きな人、いろんな人がいるからこそ楽しいのです。が。

保管されたキャラデータを見ていると、ちょっと面白い事に気付いたのです。

皆自分のキャラに愛着があり、様々な設定等を付記していきます。
でも、俺が目をつけるのはまず「絵があるかどうか」だったんです。
莫大な数のキャラクター達。名前はあるのに、自分には覚えることが出来ない。

(`ω´)y-~
まるで2chの名無しみたいな感じなんです。
言い方は酷いですが、それこそモブ(群集)なんです。
まぁ小説や漫画と違い、「動かしてこそ魅力的」なデザインをすれば、それは必然だと思います。

でも、「自分で使ってみたい」と思えるキャラは…なかなかいないのです。

そこから「数字的なデータ」と「名前」を消して、魅力的に見えるかどうか。物凄い難しい創作です。

( `ω´)y-~
自分がラグナロクで戦士作って遊んでた時の話ですが。
ソロで強敵と立ち向かい、瀕死だった時に援護をくれた僧侶。
全くの知らない人ですが、これだけで自分はその僧侶に好印象を抱きます。
そこで軽く御礼をし、そこからちょっとした会話をし、お互いまた去っていく。一期一会。

でも、その「良い記憶」は「名前」とともに、自分の記憶に刻まれます。

その僧侶を次の日、違う場所で見つけたとき、そこで初めて識別子としての「名前」が意味を持ってくるんじゃないかな、と。

逆もまた然り。
セクハラとかBOTとか、そう言う奴らは嫌でも名前を覚え、対策を練る訳です。

そう、まるで2chのコテハンと一緒なんです。

何もしない、何も自分に影響を与えない人は、ネット上に於いては名前はそれほど意味を持たないんだな、と。

( `ω´)y-~
そんな難しいこと考えてたら、キャラ作れなくなりますw



(`ω´)y-~
SEさんへ。脈絡無くサラサ。飾るなり食べるなりご自由にw
さらさ

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。